日本語教師養成講座(通学・通信)とオーストラリア・ニュージーランド・カナダ・イギリス・アメリカ・ ドイツ・タイ ・台湾へ海外派遣 そして日本で世界で就職のサポート

最新情報、お薦めコンテンツ


ホームへ戻る

最新の記事

カテゴリ

過去の記事一覧

バックナンバー


★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
こんにちは!BBI東京オフィスです。
毎日本当に寒いですね…風邪などひかぬよう皆さまご自愛ください。

 
年末になると、今年1年を振り返ったり、来年をどんな1年にしようかと考える方も多いと思います。
2018年こそは海外で何かやってみたいな・・・
そう思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そこで今日は、初めてのインターンシップでも安心!
大人気 幼稚園ボランティアに関して、よくいただく質問をご紹介します。
参加を検討されている方、ご不安な点がある方はご参考いただけますと幸いです。

 

♦今までの経験/英語力に関して
保育関係を始め、今まで何かを教えた経験がない、または学校で専門的に学んだことがない
という方でも、このプログラムは問題なく参加いただけます!

 

主な仕事内容は園児と遊んでいただくこと、食事やお昼寝の準備、
絵本の読み聞かせ、危険回避そして日本文化紹介等になります。
わからないことは、現地スタッフに指示を仰いで動いていきますので、
教育関連の経験がなくても問題ございません。
またスタッフの指示がわかる(簡単な英会話が出来る)程度の英語力があれば、参加可能です。

 

子どもが好き!英語をブラッシュアップしたい!海外でインターンシップをしてみたい!etc…
というお気持ちが大切です。
幼稚園⑤

 

 

♦日本文化紹介とは…?
せっかく日本からネイティブのインターン生がきているので、
幼稚園の頃から異文化理解として、日本文化にふれてもらいましょう!
という機会を設けています。
※ちなみにオーストラリアの日本語学習者数は世界第4位、英語圏で断トツの1位を誇っています。

 

具体的には、日本の童謡や童話を紹介したり、折り紙で一緒に遊んだり、ぬりえをしたりと
ご自身がされてみたい!と思うことを中心に活動いただきます。
幼稚園④

 

これは、日本文化の紹介であっても、園児やスタッフへの説明はもちろん英語ですので、
ご参加者にとってもいいアウトプットの機会となります。

 

ここでいかに積極的に活動できるかが、このプログラムのキーです。
スタッフから、「どんな日本文化紹介をしてくれるの?」と
声がかかるまで待っていては何も起こりません。
ご自身でどんどん「これをやってみたい!」という発信を大切にしていってくださいね。

 

♦休日の過ごし方
このプログラムの活動は、園が動いている月~金となり、土日は通常お休みです。
お休み中は自由ですので、何をしていただいても問題ございません。

 

ホームステイ先でゆっくりしたり、シドニー市内を観光したり、
オーストラリアの大自然を満喫できるツアーのご紹介もしていますので、
シドニー中心地から少し離れたで場所リフレッシュされるのもいいかもしれません♪(※費用別途)
オーストラリア政府観光局のシドニーの見どころ
ホストに、シドニーに来たら行っておくべきところを聞いてみるのもいいかもしれませんね!

 

このプログラムは、各週10名までの定員制
2,3月は混雑期に伴い、日曜日にシドニーインでお願いをしています。
2月11日・3月18日(日)インは特に残席が少なくなっていますのでご注意くださいね。

 

何かご不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせください!↓↓
BBI東京オフィス: 03-5410-5565 / tokyo@jt-network.com
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

posted by BBI at2017/12/15 5:44

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

みなさまこんにちは。BBI東京オフィスです!

 

12月もあっという間に中旬ですね。。。
日本は年末に向かって一番忙しい時期と思いますが、
海外では、クリスマスホリデーが既に始まっているところもあります!

 

BBIの本社もシドニーにありますが、今週の土曜日(12月16日)からホリデーが始まります。
※東京・大阪オフィスは12月28日まで営業しています。
オーストラリアをはじめとする多くの国では、クリスマスは大切な一大イベントで、
この前後からお休みに入るところも増えていきます。

 

ちなみに、日本のように北半球にある国にはあまりなじみがないですが、
オーストラリアやNZは南半球なのでクリスマスの時期は真夏です。
私自身も一度クリスマスの時期に南半球にいたことがありますが、
街に飾られた大きなクリスマスツリーを見ている人は
半そで・短パン・ビーサンスタイルでちょっと不思議な気分でした。。。
santa_tonakai_beach

 

前置きが長くなりましたが、このクリスマスホリデー等の関係で
お申込後の対応に通常より少しお時間を頂戴するプログラムが出てきます。
2017年中に講座をスタートされたい方や、
来年に入ってすぐの渡航を検討されている方は、ご注意ください。

 

♦シドニーで日本語教師養成講座
2018年に入ってすぐのコースは1月15日~, 2月19日~があります。
まだ残席もございますので、ご希望の方はお早目にお知らせください。
$4500据え置キャンペーンも、終了まであと約2週間です!!

 

現地では、2017年10月30日からスタートした
年越しコースを受講中の方々が今週からホリデーに入っています。
間にながーいブレイクタイムが入り、真夏のクリスマスや
年末年始をシドニーで過ごせるのも、年越しコースの魅力の一つです♥♥

 

♦通信で日本語教師養成講座
学校の最終日が12月22日(金)となります。
全て通信で受講される場合も、教材発送のための郵便局のホリデーもある関係で、
2017年中に講座受講をスタートされたい方は、2017年12月22日10時までにお申込下さい。
それ以降ももちろんお申込は受け付けていますが、
教材発送は2018年1月5日(金)以降となりますこと、予めご了承くださいませ。

 

既にこの講座を受講されている方は、
学校がお休みの間は基本的に先生からの添削も戻ってきません。
この間はぜひ今までの復習や予習にあてていただければと思います。
尚、年内の課題提出の受け付けは12月19日が最終となります。

 

♦日本語教師海外派遣プログラム (AUS/NZ)
人気の高いオーストラリアやNZの多くの学校は、
今週末から2018年1月末頃まで長いホリデーに入ります。
そのため、2018年3月頃から短期での活動を希望されている方、
2018年4月出発の長期プログラムをご希望の方は、
この間にインタビューへのご対応をお願いいたします!

 

既にこのプログラムへの参加及び派遣校が決定されている方は、
上記の期間に派遣校の先生にご連絡いただいても、
そちらの確認は恐らくは2018年1月末~2月頃になりますので、ご注意くださいませ。

 

♦シドニーで幼稚園ボランティア

こちらも2,3月のお申込をまだまだ受け付けています!
園のお休みや、手配側がお休みに入る関係で、
活動先が決定するのは2018年に入ってからになりますが、
残席がとても少なくなっている週もあります。※各週10名までの定員制です。
ご希望の渡航時期が決まっている方は、
なるべく早めに準備を進められることをおすすめいたします!

 

その他、ご来社・お電話でのカウンセリングは年内は12月28日(水)まで承っておりますので、
2018年の留学を検討されている方はお気軽にお知らせください!

 

BBI東京オフィス: 03-5410-5565 / tokyo@jt-network.com

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

posted by BBI at2017/12/13 4:36

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

こんにちは!BBI東京オフィスです。

 

今日は前回に引き続き、短期でもご参加いただける
日本語教師海外派遣プログラムを基に、各国の観光ビザに関してご紹介します!
※実際に現地に向かわれる際には最新の情報をご確認下さい。

 

〇ドイツ
90日以内の滞在の場合は、ビザの取得は必要ありません。
ただ、ドイツ出国予定日+3ヶ月以上のパスポート残存期間がないと
入国できないのでご注意ください。
また基本的に、往復の航空券を所持していることが必要です。

 

〇台湾
90日以内で、観光目的の滞在の場合は、ビザの取得は必要ありません。
日本のパスポートは、現地滞在期間日数をカバーする残存期間があれば入国は出来ますが、
基本的にはパスポートの残存期間が入国時に6ヵ月以上ある方が安心です。
また、往復の航空券を所持していることが必要です。

 

〇タイ
30日以内の滞在(29泊30日)であれば、ビザの取得は必要ありません。
渡航時に6ヵ月以上のパスポート残存期間を求められす。
また、往復の航空券を所持していることが必要です。

 

〇モンゴル
30日以内滞在であれば、ビザの取得は必要ありません。
また、パスポートはモンゴル到着時に6ヵ月以上の残存期間と、
2ページ以上の空白ページが必要です。
基本的に往復の航空券を所持していなければいけません。
モンゴルでの日本語教師海外派遣プログラム、2ヶ月のご参加の場合は、
現地にて観光ビザの延長手続き(+30日分)を行っていただきます。

 

 

以上となりますが、多くの国では入国時にパスポートの残存期間もチェックされています。
パスポートは、残存期間が1年未満になると新しい物に切り替え発給が出来るようになります。
発給に必要な日数はパスポートセンターによって若干異なりますが、
通常1週間~程が目安となります。※年末年始、GWの時期、夏は特に混み合います!
渡航の第一準備となるパスポート。既にお持ちの方も、残存期間にご注意くださいね。
PP

 
2018年の留学を検討されている方!
渡航や各プログラムに関して、何かご不明点がありましたら
お気軽にお問合せください。↓↓

BBI東京オフィス: 03-5410-5565 / tokyo@jt-network.com

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

posted by BBI at2017/12/08 12:35

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
こんにちは、BBI東京オフィスです!

 
さて、現在BBIでは1~3月頃までに、
主に短期留学で渡航される方々のご準備が進んでいます。
travel_nidukuri

 

 

1~4週間程の短期間の渡航となると、
先日ご紹介したワーホリビザのような、ビザ取得がいらないのでは、と思うのですが
短期でもビザ取得や登録が必要だったり、滞在可能日数が国によって異なります。

 

そこで今回は、短期でもご参加いただける
日本語教師海外派遣プログラムの派遣国を基に
各国の短期間渡航方法をご紹介します!

 

〇オーストラリア
日本語教師海外派遣プログラム、幼稚園ボランティア、日本語教師養成講座、語学学校
フードレスキュー、クルーズ船インターンなど、多くのプログラムをご紹介しているオーストラリア。
一度の入国で3ヶ月まで滞在が可能ですが、ETAS(イータス)という観光ビザの取得が必要です!
このETASは、例えば数日の旅行から4週間のボランティア活動、2ヶ月くらいの学校通学
どんな場合でも取得が必要となります。

 

取得方法は移民局のサイトからご自身で申請する方法と、
ビザ代行業者さんを通す方法があります。※BBIでは代行業者さんをご紹介しています。
それぞれ申請費用は
ご自身で申請すると、豪移民局に20ドル(1豪ドル90円で計算して1800円程度)
ビザ代行業者さん一例:540円 と違いがありますので、
ご自身のご希望に合わせた方法で取得されてみてください。

 

尚、取得後の有効期限は1年間あります。

 

〇ニュージーランド
通常、3ヶ月以内の滞在の場合は、パスポートがあれば特にビザは必要なく入国できます。
ただし、パスポートの残存期間が、滞在日数+3ヶ月分あるか事前にご確認下さい。
また、往復の航空券を所持していることが必要です。

 

〇アメリカ
観光等を目的とし、短期で現地に滞在する場合
ESTA(エスタ)という渡航認証を受ける必要があります。
一度の入国で90日までの滞在が可能となり、
一度取得すると有効期限は2年間あります。

尚、もしこのビザで語学学校に通う場合は、週18時間未満のコースのみ可能となります。
(18時間以上の授業を受ける場合は、期間に関わらずF-1ビザが必要です)
申請には14ドル(1米ドル115円で計算して1,610円程)かかります。

 

〇カナダ
カナダも観光で滞在する場合、アメリカと同様に
eTAという渡航認証を受けることが2016年の3月から必要になりました。
一度の入国で半年までの滞在が可能となり、認証の有効期限は5年間あります。
申請には7ドル(1CAドル90円で計算して、630円程)かかります。
また渡航する際には、往復の航空券が必要です。
※カナダの日本語教師海外派遣プログラムは、
参加期間に関わらず、ワーキングホリデービザの取得が必要です。

 

〇イギリス
通常、観光目的で6ヵ月以内の滞在であれば、
パスポートのみで、特にビザは必要なく入国できます。
ただ、往復の航空券を所持していることが必要です。

 

もしこの間に語学学校に通う場合は、
short term study visaが必要になり (6ヵ月以内の通学)、空港で発行してもらえます。
必要書類は・学校からの入学許可証 ・復路の航空券
・滞在費用証明書 (ロンドンに滞在する場合は、£1265/月 それ以外は£1015/月)
・滞在先住所 ・現金やクレジットカード となります。

 

国によって色々と事前準備が異なります。
渡航されたいと思っている国-特にビザや渡航認証が必要な国に関しては
ご自身でもよく調べられ、不備のないように渡航して下さいね!

 

今回は英語圏の国々をご紹介しましたが、
次回は短期日本語教師海外派遣プログラムで大人気の台湾を中心とするアジア圏と、
ドイツに関してご紹介します!

 

BBI東京オフィス: 03-5410-5565 / tokyo@jt-network.com

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

posted by BBI at2017/12/06 6:52

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
みなさま、こんにちは!BBI東京オフィスです。

 

本日は、前回のブログに引き続き、BBIの長期プログラムで取得が必要となる
各国のワーキングホリデービザをご紹介させていただきます。
今回は、カナダドイツイギリスの3カ国です!
※実際にビザを申請される際は、ご自身で最新の情報をご確認ください

 

♦カナダ

申請方法…オンライン+現地  人数制限…6500人  抽選…あり
健康診断…場合によってあり  申請可能年齢・・・18歳から30歳以下
ビザ申請費用…CA$250

 

その他…最終的なwork permitはカナダ入国時の空港で発行され、
そこから1年の滞在が可能となります。(延長なし)
語学学校への通学は半年まで可能で、就労の制限はなし。

 

カナダのビザには移民局が招待レターを発行するラウンド期間というものがあり、
既に先月11月21日~24日が2018年の第1回目のラウンドでした。(4人のみの発行でしたが…)
現時点では、インビテーションレターを受取れる確率はvery lowとのことです。

 

ビザ申請には、まずCICという個人アカウントを作成し、その後IEC申請に進みます。
2018年の出来るだけ早い時期にワーホリでカナダに渡航されたい方は、
まず、このIEC申請まで今のうちに進めておくといいと思います。
尚、招待レターが届いてからその後のステップに進むまでに日数制限があるのでご注意ください。

 

また申請にかかる期間は、最長で約8週間とされています。
(ラウンド待機や招待レター受領までの待機時間を除く)
そのため、時間に余裕を持って申請を進めることをおすすめします。

 

ドイツ

申請方法…大使館・領事館にて  人数制限…なし  抽選…なし
健康診断…基本的になし     申請可能年齢・・・18歳から30歳以下
ビザ申請費用…無料

 

その他…3ヶ月以上、1年間の滞在が可能となります。
尚、申請は出発予定(希望)日の3ヶ月以内~可能となります。
他の国のビザと異なり、取得から入国まで1年の猶予があるわけではないのでご注意ください。

 

また、必要書類が東京の大使館と大阪の領事館での申請によって異なり、
更に申請時の来館には、必ず予約が必要となります。
申請は本人が大使館か領事館に出向かないといけないため(返送のみ地域によっては郵送可)
特に遠方の方は日程のチェックを怠らないようにしてください。

 

申請時には、往復の航空券の予約証明、若しくは復路便が購入できる資金証明
海外旅行保険の保険証の提出を求められます。
この海外旅行保険は、歯科治療もカバーし、女性の場合は妊娠時も適用される保険
また旅行賠償責任がカバーされているものでないと受理されません。

 

尚、ドイツの海外派遣プログラムも、ワーホリが取れない場合は、
現地で長期滞在ビザを申請できます!(保険の関係上50歳まで、費用が€417かかります)

 

イギリス (YMSビザ)
申請方法…まずはメールで応募  人数制限…1000人  抽選…あり
健康診断…基本的になし     申請可能年齢・・・18歳から30歳以下
ビザ申請費用…£235

 

その他…イギリスのYouth Mobility Schemeは主にイギリスでの就労を目的としたビザです。
発行は年に1000人と非常に少ないですが、抽選に選ばれると2年間滞在ができ、
その間の就労にも制限がなく、非常に人気の高いビザです。

 

2018年の第1回目の抽選は、2018年1月15日(月)正午~17日(水)正午までです。
この期間中に名前、生年月日、パスポート番号、申請国、電話番号を記載したメールを送ります。
例年、申請希望者が殺到し、サーバーがダウンすることもあるようですが、
もしもメールが上手く送れなくても、これは先着順ではないので、
また時間を少しおいてチャレンジしてみてください。

 

この抽選に通ると、1月24日(水)にその後の手続きに関してのメールが送られ、
3月30日までにオンラインで支払を完了、その後90日以内にビザ申請をする必要があります。
2回目の抽選詳細関しては7月頃に発表される予定です。
尚、イギリスでの海外派遣プログラムは、
このYMSを取得していることがインタビューへの応募条件となります。

 

ワーホリではその間その国で何をして、何を習得するのかがその後にとても大切になります!
せっかくの長期滞在のチャンスなので、その期間を利用して
日本人スキルを生かした現地密着型の生活を送ってみませんか?
AT②

 

 

日本語教師海外派遣プログラム 各国詳細はお気軽にお問い合わせください。

BBI東京オフィス: 03-5410-5565 / tokyo@jt-network.com

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

posted by BBI at2017/12/02 4:10


ページTOPへ

Copyright © 2009 Big Bridge International Pty Ltd. All Rights Reserved.