日本語教師養成講座(通学・通信)とオーストラリア・ニュージーランド・カ ナダ・イギリス・アメリカ・ドイツ・タイ ・台湾へ海外派遣 そして日本で世界で就職のサポート

最

新情報、お薦めコンテンツ


ホームへ戻る

最新の記事

カテゴリ

過去の記事一覧

バックナンバー


その他の記事一覧(全3件)



★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

こんにちは!BBI東京オフィスです。

 

早速ですが、すごいニュースを読みました。
(Australian Broadcasting Corporation ≪ABC News≫より)

In some parts of the state, temperatures are expected to be
10 degrees Celsius hotter than average for this time of year.

 

オーストラリア、特にケアンズやブリスベンで有名なQLD州を中心に
熱波の影響で、例年のこの時期よりも10℃も暑くなっているそうです…
QLD州に留学中の方、これからQLD州に向かわれる方、どうぞお気を付けください。。

 

東京では最高気温が10度に届かない日が何日も続いているとニュースになっていますが
南半球に位置するオーストラリアやNZでは、この夏はいつも以上に暑いようです。
BBIの本社があるシドニーでも、1月に最高気温47℃(!!)をたたき出した日があったとか…
(スタッフの1人はこの猛暑日を、どうにか生き延びた、とコメントしていました笑)

 

先日も少し書きましたが、
多くのプログラムで渡航前後に生活のオリエンテーションを行っています。
その際に、特にこの時期オーストラリアに向かわれる方にお願いしているのが、
「日焼け対策」です。
hiyake_goods

 

オーストラリアの日差しは年間を通して本当に強くて、
短時間でも肌がジリジリと焼けているのがわかるときがあるくらいです。
紫外線の量は日本の約5倍程にもあたるそうです。

 

もちろん現地でも日焼け止めは購入できますが、
日本の日焼け止めに比べるとマットなものが多かったり、
はたして自分の肌にあうのかがいまいちわかりませんよね。
ですので、使い慣れているものがある方は、
日本から持って行かれることを強くお勧めします!(男性のみなさんもですよ!)

 

色々と書きましたが、オーストラリアの夏は本当に気持ちのいい時期なので、
暑さや日差しに負けず、ぜひ色々な所に行っていただきたいです!
AUS

 

これからオーストラリアに向かわれるみなさま、
毎日の通勤通学、屋外で活動する場合、休日長時間外で過ごす時には
ぜひしっかりと日焼け対策をして、オーストラリアでの生活を楽しんできてくださいね♪

 

オーストラリアでインターンシップや留学をしてみたい方!
お気軽にお問い合わせください。↓
BBI東京オフィス: 03-5410-5565 / tokyo@jt-network.com
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

posted by BBI at2018/02/10 1:25

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

こんにちは。BBI東京オフィスです。

 

さて、BBIの本社があるオーストラリアでは
今日1月26日はAustralia Dayで祝日です!
クリスマスホリデーが終わってから初めての連休で
この日を楽しみにされていた方も多いようです。

 

このAustralia Dayは、1788年1月26日にイギリスの船団が
ポートジャクソン湾に到着したのを祝う日です。

 

またこの日は、多くの人にとって
オーストラリア人であることを誇りに感じる
オーストラリア人であることの素晴らしさを感じるという
大切な役割を担っている日でもあるそうです。
Australia

 

家族や友人とゆったり過ごす方が多いようですが、
各地でとても楽しそうな様々なイベントが開催されています!

真夏のシドニーで行われているイベント情報をみて
少しでもAustralia Dayを体験されたい方(笑)は
ぜひこちらをご覧ください☆

 

長期留学をしていると、現地で祝日を何回か迎えることもあると思います。
ちなみにオーストラリアの2018年の祝日は
1月1日…New Year’s Day
1月26日…Australia Day
3月30日~4月2日…Easter Holiday
4月25日…ANZAC Day
6月11日…Queen’s Birthday(NSW州の場合)
10月1日…Labour Day(NSW州の場合)
12月25日…Christmas Day
12月26日…Boxing Day

と、日本に比べるとかなり少ないです。※その他州によって若干異なります

 

祝日に合わせて、何かイベントが行われていたりすることもあるので
現地の人と一緒に、その国のお祝いの仕方で祝日を祝ったり
日本の祝日の祝い方や日数をホストや友達にシェアするのも
いい思い出・異文化交流になりますね♪
オペラハウス

 

留学先が決まった際には、渡航先の一般的な情報に加え
ぜひ祝日やイベント等もチェックしてみてください!
…ちなみに日本の祝日も、
それぞれ何をお祝いする日なのか忘れがちなことも多いですが
渡航先で聞かれることも多々あるので、留学の準備の一つとして、
ぜひ調べて行かれることをおすすめします。

 

それでは、オーストラリアに滞在中の皆さま、ステキな祝日をお過ごしください♪

BBI東京オフィス: 03-5410-5565 / tokyo@jt-network.com
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

posted by BBI at2018/01/26 12:32

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

こんにちは!BBI東京オフィスです。

 

さて、皆さんは「留学」というワードを聞くと
まず、どんなことを思い浮かべられますか…?
語学学校に通ったり、外国人の友達を作ったり…と色々なことが浮かぶと思いますが
ホームステイをする、というのも、留学の大きなポイントではないでしょうか!
homestay_foreign

 

BBIは日本人スキルを生かしたインターンシップや
日本語教師養成講座のご紹介をしていますが、
ホームステイ手配も自社で行っています!
ご紹介出来るステイ先の地域はシドニーを中心に
その他、メルボルンとゴールドコーストです。

 

初めての土地、初めての環境で、現地に知っている人もいない…
留学は誰もがその状態からスタートしますが
そこで大きな助けになるのがホストファミリーです!

 

「カルチャーショック」という言葉がありますが、
異文化に触れることは新鮮でもあり、
同時に慣れるまで時間がかかること、戸惑うことも多くあります。
ホームステイをすることで、そんな文化の違いを現地の人に教えてもらえる機会ができます。

 

また、もちろんホストは現地に長年住んでいるので、
例えばバスや電車の乗り方、学校への行き方、
おすすめの場所が聞ける環境下です。

 

そして何より、ホームステイをすると英語環境で生活が出来ます。
学校や友達から学んだことを、家でアウトプットすると
より単語やフレーズが定着し、英語力の向上にもつながります。

また、ご自身のことを話したり、ホストに質問をしたり、
日常生活を送るうえで家族との会話は欠かせません。
だからこそ、ホームステイをすることによって、会話力も身につきます。

 

こういった理由から、BBIではまずは現地生活に慣れるために
4週間程のホームステイをおすすめしています。
もちろんその間に語学学校に通ったり、日本語教師養成講座を受講したりと
ご希望に合わせたプラン立てが可能です!
幼稚園ボランティアTOEIC2週間講座のように、
プログラム費にホームステイ代が含まれているものもあります。

 

日本人のことが大好きなファミリーが
皆さんを暖かく、家族の一員として迎えてくれます。
たとえ短期間の滞在であっても、心温まる一生の思い出をつくることも出来ます!
AT①
ホームステイやホームステイをしながらの留学にご興味のある方は
ぜひ一度お問い合わせください♪

 

~2018年 ホームステイ代(豪ドル)~
手配費:$198
滞在費:$280/週 (平日2食、週末3食付き)
空港送迎費:$160 (片道)

 

BBI東京オフィス: 03-5410-5565 / tokyo@jt-network.com
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

posted by BBI at2018/01/19 6:18


ページTOPへ

Copyright © 2009 Big Bridge International Pty Ltd. All Rights Reserved.