日本語教師養成講座(通学・通信)とオーストラリア・ニュージーランド・カ ナダ・イギリス・アメリカ・ドイツ・タイ ・台湾へ海外派遣 そして日本で世界で就職のサポート

最新情報、お薦めコンテンツ


ホームへ戻る

最新の記事

カテゴリ

過去の記事一覧

バックナンバー


★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
みなさま、こんにちは!BBI東京オフィスです。

 

本日は、前回のブログに引き続き、BBIの長期プログラムで取得が必要となる
各国のワーキングホリデービザをご紹介させていただきます。
今回は、カナダドイツイギリスの3カ国です!
※実際にビザを申請される際は、ご自身で最新の情報をご確認ください

 

♦カナダ

申請方法…オンライン+現地  人数制限…6500人  抽選…あり
健康診断…場合によってあり  申請可能年齢・・・18歳から30歳以下
ビザ申請費用…CA$250

 

その他…最終的なwork permitはカナダ入国時の空港で発行され、
そこから1年の滞在が可能となります。(延長なし)
語学学校への通学は半年まで可能で、就労の制限はなし。

 

カナダのビザには移民局が招待レターを発行するラウンド期間というものがあり、
既に先月11月21日~24日が2018年の第1回目のラウンドでした。(4人のみの発行でしたが…)
現時点では、インビテーションレターを受取れる確率はvery lowとのことです。

 

ビザ申請には、まずCICという個人アカウントを作成し、その後IEC申請に進みます。
2018年の出来るだけ早い時期にワーホリでカナダに渡航されたい方は、
まず、このIEC申請まで今のうちに進めておくといいと思います。
尚、招待レターが届いてからその後のステップに進むまでに日数制限があるのでご注意ください。

 

また申請にかかる期間は、最長で約8週間とされています。
(ラウンド待機や招待レター受領までの待機時間を除く)
そのため、時間に余裕を持って申請を進めることをおすすめします。

 

ドイツ

申請方法…大使館・領事館にて  人数制限…なし  抽選…なし
健康診断…基本的になし     申請可能年齢・・・18歳から30歳以下
ビザ申請費用…無料

 

その他…3ヶ月以上、1年間の滞在が可能となります。
尚、申請は出発予定(希望)日の3ヶ月以内~可能となります。
他の国のビザと異なり、取得から入国まで1年の猶予があるわけではないのでご注意ください。

 

また、必要書類が東京の大使館と大阪の領事館での申請によって異なり、
更に申請時の来館には、必ず予約が必要となります。
申請は本人が大使館か領事館に出向かないといけないため(返送のみ地域によっては郵送可)
特に遠方の方は日程のチェックを怠らないようにしてください。

 

申請時には、往復の航空券の予約証明、若しくは復路便が購入できる資金証明
海外旅行保険の保険証の提出を求められます。
この海外旅行保険は、歯科治療もカバーし、女性の場合は妊娠時も適用される保険
また旅行賠償責任がカバーされているものでないと受理されません。

 

尚、ドイツの海外派遣プログラムも、ワーホリが取れない場合は、
現地で長期滞在ビザを申請できます!(保険の関係上50歳まで、費用が€417かかります)

 

イギリス (YMSビザ)
申請方法…まずはメールで応募  人数制限…1000人  抽選…あり
健康診断…基本的になし     申請可能年齢・・・18歳から30歳以下
ビザ申請費用…£235

 

その他…イギリスのYouth Mobility Schemeは主にイギリスでの就労を目的としたビザです。
発行は年に1000人と非常に少ないですが、抽選に選ばれると2年間滞在ができ、
その間の就労にも制限がなく、非常に人気の高いビザです。

 

2018年の第1回目の抽選は、2018年1月15日(月)正午~17日(水)正午までです。
この期間中に名前、生年月日、パスポート番号、申請国、電話番号を記載したメールを送ります。
例年、申請希望者が殺到し、サーバーがダウンすることもあるようですが、
もしもメールが上手く送れなくても、これは先着順ではないので、
また時間を少しおいてチャレンジしてみてください。

 

この抽選に通ると、1月24日(水)にその後の手続きに関してのメールが送られ、
3月30日までにオンラインで支払を完了、その後90日以内にビザ申請をする必要があります。
2回目の抽選詳細関しては7月頃に発表される予定です。
尚、イギリスでの海外派遣プログラムは、
このYMSを取得していることがインタビューへの応募条件となります。

 

ワーホリではその間その国で何をして、何を習得するのかがその後にとても大切になります!
せっかくの長期滞在のチャンスなので、その期間を利用して
日本人スキルを生かした現地密着型の生活を送ってみませんか?
AT②

 

 

日本語教師海外派遣プログラム 各国詳細はお気軽にお問い合わせください。

BBI東京オフィス: 03-5410-5565 / tokyo@jt-network.com

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

posted by BBI at2017/12/02 4:10

ページTOPへ

Copyright © 2009 Big Bridge International Pty Ltd. All Rights Reserved.