日本語教師養成講座(通学・通信)とオーストラリア・ニュージーランド・カ ナダ・イギリス・アメリカ・ドイツ・タイ ・台湾へ海外派遣 そして日本で世界で就職のサポート

最新情報、お薦めコンテンツ


ホームへ戻る

最新の記事

カテゴリ

過去の記事一覧

バックナンバー


★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

こんにちは!BBI東京オフィスです。

 

2017年も残り2週間をきりましたね。。
BBIでは先週の土曜日に、東京・大阪オフィスの年内の説明会がすべて終了しました。
ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。
電話・ご来社でのカウンセリングは引き続き受け付けておりますので
ご希望の方はお気軽にお知らせくださいね♪

 

さて突然ですが、皆さんは「英語力伸ばしたいな」「海外で生活して、現地の友達が欲しいな」
「何か人の役に立つことをしてみたいな」なんて思われたことありませんか?
この思いを叶えてくれるのが、BBIの日本語教師海外派遣プログラムです!
AT③

 

このプログラムのポイントは、教員資格が不要という点!
一教師として活動いただきますが、日本語教師資格や教員資格、経験は必要ありません。
これはボランティアのプログラムで、基本的には各小中高校の
メインの日本語の先生の元での活動となるからです。

 

そのため、大学生の方、教職以外のお仕事につかれている方でも
問題なく参加いただくことが出来ます。

 

また英語圏の場合は、現地の生徒の日本語力がそこまで高くないため授業は英語で行われます。
みなさんにも英語で日本語や日本文化を紹介していただきますので、
結果として、9時前後~15時前後まで常に英語を話す環境となります。

 

また授業というのはいつ、どんな質問が生徒からとんでくるかわかりません!
生徒からの質問をまずは理解し、今度はそれを英語で説明する。
なかなか骨の折れる仕事ではありますが、これを毎日繰り返すことにより
実践的な英語力を身に付けられます。

 

実際、このプログラムに約9ヶ月参加されて、TOEICがご出発前のスコアより、
なんと310点上がった方もいらっしゃいました!

 

そしてやはり、日本語の授業にネイティブの日本人がいることは、
先生にとっても、生徒にとっても大きな助けとなり、とても頼りにされます。

 

私たち日本人も英語を学習するとき、ネイティブのALTの先生から教えてもらえると
いつもの授業とはまた違った楽しさ、発見や、より深い理解につながることもあったと思います。
その経験を、今度は生徒に提供できる側になります!
AT①

 

また、日本語の授業以外にも活躍の場があり、
例えば社会の授業で日本文化に関して話してほしい、
家庭科の授業で日本食を紹介してほしい、などを依頼されることもあります。
学校の売店の方に、漢字のタトゥーをいれたいから漢字を教えてほしい、なんて頼まれた方も。
このように現地に密着した生活を送れるので、ホンモノの海外生活を楽しむことが出来ます。

 

英語圏で人気の高いオーストラリアニュージーランドでの活動は、
3月頃から短期4週間までの活動を希望される方は2018年1月中旬まで、
4月出発の長期プログラムを希望される方は2018年1月末がお申込期日です!

 
日本人スキルを生かした海外生活、経験してみませんか?

 

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください♪
BBI東京オフィス: 03-5410-5565 / tokyo@jt-network.com
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

posted by BBI at2017/12/19 4:59

ページTOPへ

Copyright © 2009 Big Bridge International Pty Ltd. All Rights Reserved.