日本語教師養成講座(通学・通信)とオーストラリア・ニュージーランド・カナダ・イギリス・アメリカ・ ドイツ・タイ ・台湾へ海外派遣 そして日本で世界で就職のサポート

最新情報、お薦めコンテンツ


ホームへ戻る

最新の記事

カテゴリ

過去の記事一覧

バックナンバー


★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
皆さまこんにちは。BBI東京オフィスです!
今日は11月末とは思えないような、ぽかぽか陽気ですね♪

 

明後日からはいよいよ12月です!今年も1年早かったですね…

 

来年こそは留学をしてみたい
海外でなにかボランティアをしてみたい
英語をブラッシュアップさせたい
今後に生かせるような、なにか新しい資格を取得したい…等々と思われている方!

 

まずはどの国で、どのくらい、何をしたいのか、
情報収集をして、ビジョンを明確にしてみませんか?

 

BBIでは毎月無料説明会を開催しています。
2017年の説明会も残すところ以下の日程のみとなりました。

 

♦東京オフィス…12月9日(土) 12月16日(土) 13時~16時

♦大阪オフィス…12月16日 (土) 14時~16時

 

留学したい!海外生活送りたい!と思い立っても
その後に、費用は?期間は?現地で何をするの?
といった疑問が次々と浮かび上がってくると思います。

 

説明会では、BBIの会社概要、ご希望のプログラム・講座詳細、
そのプログラムに沿った現地での活動/生活の様子
ビザのご案内等のお話をさせていただいております。

説明会①

 

 

少人数制の説明会ですので、
毎回、皆さまからのご質問にもその都度お答えしながら
説明を進めるアットホームな雰囲気で開催しています。

 

2018年の新しい経験や挑戦のためにも、
2017年の疑問・不安は年内に解消しませんか?

 
説明会のご予約はこちらからお願いします!
まずは、資料請求という方☆
個別に相談されたいという方★
個別カウンセリングは、年内は12月28日まで受け付けております。

 

更に、2018年のご渡航でも、年内にお申込の場合は
2017年の費用でご参加いただけます!
シドニーでの日本語教師養成講座のキャンペーンもお見逃しなく!

 

ちょっと質問したいだけ!という方は東京オフィスまでお気軽にお問合せください。
BBI東京オフィス: 03-5410-5565 / tokyo@jt-network.com

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

posted by BBI at2017/11/29 4:50

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

皆さまこんにちは!BBI東京オフィスです。

 

先日ご紹介をさせていただきました、大人気の幼稚園ボランティアですが、
初めてのボランティアインターンが海外で大丈夫か…
英語が心配…
一人での参加がちょっと不安…
という思いを抱いている方もいらっしゃると思います。

 

そんな方にもおすすめなのが、このシドニーで幼稚園ボランティアなんです!
幼稚園③

 

 

まず、活動先はBBIが訪問して、より良い・安心して活動できる環境かをチェックしています。
このプログラムは長年人気なため、幼稚園側も既に日本人ボランティアの受入に慣れていて
更に皆さんがくるのを楽しみにしています!

 

また、現地での滞在方法はホームステイとなりますが、
幼稚園と併せて滞在先もBBIで手配するため、
園とそこまで遠くない場所でステイしていただけます。

初めての土地でのバスや電車での通勤になりますが、
地図・乗り降りする駅名の紹介・所要時間などに関する資料も全て事前にお渡しいたします!
その他、現地到着後にホストからの説明もありますので、安心です。

 

次に英語力に関して、もちろん普段の生活や園での活動時は英語を使っていただきます。
ただこのプログラムは対象が園児となるので、
そこまで高い英語力がなくともご参加いただけるんです!

 
最初は相手が言っていることがわからなかったり、通じなかったり…と
もどかしい思いをすることもありますが、何よりも大切なこと、それは【積極性】です。
失敗を恐れずに、スタッフや園児、ホストにどんどん話しかけてみましょう。
そうすると園児が懐いてくれたり、ホストと会話が弾んだり、
何よりも短期間の滞在であっても、ご自身の英語の成長を少なからず感じられるはずです!

 

最後に、このプログラムはシドニーで行っているため
BBIの本社が何かあった際にもすぐに日本語で対応が出来ます。

 

サポート内容としては、まず活動初日に皆さんにオフィスまでお越しいただき、
生活と活動に当たってのオリエンテーションを行います。
その際にチルドレンチェックという活動に必要な証明書を取得しますが、
担当スタッフが毎回同行させていただきます。
また、オリエンテーション時にで同期の参加者にも会えるので、
皆さん仲良くなって、週末を一緒に過ごされたりすることもあるようです♪

 

その他、毎週1回、活動者同士の交流・情報交換の場を設けています。
どんな活動をしたら子どもが喜んだか、先生方から学んだこと、
滞在先の様子などを皆さんで共有し、それぞれの活動に生かしていただいています。
更に、もし何か困ったことや相談したいことがある場合には、
弊社スタッフに直接お話いただけます。

 

英語環境で何かボランティアをしてみたい!
子どもが大好きで、海外の子どもと関わる仕事がしてみたい!
海外の教育現場を見てみたい! という方。

 

まずはサポート体制が整った環境で活動してみませんか?!
現地で子どもたちが皆さんを待っています!
幼稚園①

 
2,3月は混み合いますので、ご希望となりましたらお早目にお知らせください。
また、ご不明点がある方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

BBI東京オフィス: 03-5410-5565 / tokyo@jt-network.com

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

posted by BBI at2017/11/25 1:46

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

こんにちは。BBI東京オフィスです!
寒さもいよいよ本格的となり、2017年も残すところあと39日となりました。。。

 

最近、2017年が終わる前に何か始めたい!という方と、
2018年から何か始めたい!と思われている方から
通信での日本語教師養成講座のお問い合わせを良くいただきます。

 

そこで、今日は通信講座に関して皆さんが疑問に思われる点をご紹介いたしますので、
現在受講を迷われている方も、ぜひご参考いただければと思います!
420時間の日本語教師資格として認められるのか通信講座のポイント
以前のブログでご紹介していますので、そちらをご確認ください。

通信②

 

 

♦講座スタート時期に関して
今年中のスタート、若しくは来年1月の初旬スタートを希望されている方も
まだまだお申込み、間に合います!
この講座は通信講座のため、決まった開講日がありません。
皆さまのご都合の良いときにいつでも始められます。

 

通常、お申込手続きをして、約1週間ほどで全ての教材がお手元に届き、
教材到着後はいつでもスタートしていただけます。
※年末年始は現地郵便局のホリデーにより、もう少し時間がかかる場合があります

 

ちなみに開講時期が決まっていないのと同じく、開講場所ももちろん決まっていません。
世界のどこにいても、いつでも、自分に合った環境、タイミングで受講が出来るのが
この通信講座の最大のポイントです。
そのため、お仕事、家事、学校等と並行して受講されている方もたくさんいらっしゃいます!

 

ただ、前半2週間の通学を希望されている場合は開講日や残席もございます。
シドニーにお越しいただくこととなりますので、準備のお時間等も考え、
渡航されたい日程が決まっている場合は
なるべくお早目にお手続きをされることをおすすめいたします。

 

♦課題の提出方法に関して
この講座は全て通信で対応をする場合、全20の課題提出にて受講を進めます。
この課題は全て記述式なので、ご自身で一から答えを導かなければなりません…!
課題は担当の先生に提出しますが、その後一つ一つに先生の添削が入って返却されるんです!
これでずっと1人で受講をしているという気持ちもなくなり、
先生と二人三脚で勉強を進めていけます♪ 質問も1課題につき2つまで受け付けてもらえます。

 

さて、この課題提出ですが、一番便利でおすすめな方法はオンライン提出です。
申し込み時に、学校が専用のブラウザを作ってくれるので、
そこから課題のダウンロードとアップロードが出来ます。若しくはメール添付でも提出可能です。

 

空き時間を使って受講を進められる方は、夜や土日に課題に対応することも多くなるので
郵送だとどうしても課題提出までに時間がかかってしまいます。(更に費用も!)
オンラインの場合は、ここもご自身のペースで課題提出や先生の添削を確認でき
追加で費用もかからず便利です。

 

ただ、オンライン提出は難しい、どうしても抵抗があるという方は
もちろん郵送やFAXでも対応可能です!

 

♦受講期間に関して
420時間分の勉強をしていきますが、
資格取得までどのくらいの時間がかかるのか、も大切なポイントです。

 

まず、最短受講期間は半年(約6ヵ月)です。
課題の提出や受取等も含めるとこのくらいの期間は必要となります。

一方で最長受講期間は全3年間です。
詳細は、前半10課題分の基礎コース部分が1年、後半10課題のマスターコース部分が2年
合計で3年の有効期限です。

 

目安としての勉強時間は、1日3時間程の勉強で約半年、
90分程の勉強で約1年くらいで修了としています。
実際に半年~1年で修了される方が多いです。

 

この期間内に講座を修了されると、420時間の修了証がお手元に届き
晴れて日本語教師資格取得となります!

 

2020年のオリンピックに向けて日本への注目度がさらに上がり、
また外国人労働者の増加で日本語を勉強したいと思っている外国人は増加しています。
年内若しくは年始の一大決心として、日本語教師資格取得はいかがでしょうか…?

 

何か講座に関してご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
資料請求カウンセリング説明会のご予約はコチラから☆

 

皆さま素敵な祝日をお過ごしください♪
BBI東京オフィス: 03-5410-5565 / tokyo@jt-network.com

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

posted by BBI at2017/11/22 8:12

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

こんにちは!BBI東京オフィスです。

 

さて、みなさんは「英語圏」と言ったらどの国を思い浮かべますか…?
英語が主に話されている国は多いですが、やはり「アメリカ」は外せないですよね。
アメリカが初めての語学留学地だった、という方も多いのではないでしょうか。

 

人気の留学先アメリカ、サンフランシスコの語学学校Brandon Collegeより
担当のHowardさんがご来社くださいましたので、今日は学校紹介をさせていただきます!

 
このBrandon Collegeは何と1938年開校、来年で創立80周年を迎える超老舗校です。
きめ細かいサポート、質の高い授業、アットホームな雰囲気が評判で
世界各国から学生が集まっています。
Brandon①

 

!Brandon Collegeのポイント!

①とにかくアットホーム。生徒も先生もスタッフも、みんながFAMILY!
この学校が大切にしていること、
それは世界各国から集まった全員がBrandon family!という点です。
一緒に英語のブラッシュアップを目指す。楽しいことはみんなでシェアする。困ったときは助け合う。
そんな温かい雰囲気が常にこの学校を包んでいます。

 

スタッフのHowardさんが特に「いいな」と思うところは、出入口のドアが1つしかないこと!
どういうことかというと、生徒は必ずスタッフがいるレセプションの前を通って学校に出入りします。
そのため挨拶や簡単な会話はもちろん、スタッフが毎日の生徒の様子を確認できます。
少人数制を徹底している学校なので、ハイシーズンでも140名前後の生徒しか在籍しておらず、
スタッフが生徒全員を把握していますので、安心して勉強に臨める環境です。
…そして授業もさぼれませんね(笑)

 

②徹底したクラス編成
この学校の1クラスの平均人数は6~8人。一番多くても10人までのクラス編成です。
これは先生との距離を大切にしているからで、全員が同じように先生のサポートを受け
授業を理解し、学習を進めるための工夫です。

 

また、同クラス内に同じ国籍の学生がいないように、
もしもレベルの関係で重なってしまう場合でも、隣同士で座れない等の厳しいルールがあります。
もちろん、学校内は英語のみしか話せません!

 

現在はローシーズンで学校が比較的落ち着いているそうで
在籍生徒数は約40名。(ちなみに日本人は2人!)
40名を6レベルに分けていますが、何とBeginnerクラスは2人のみ!
それでも、2人だけだから近いレベルのクラスに振り分けるということはしません。
テストで振り分けられたレベルの学習でなければ意味がないというポリシーから
先生1人に対して、生徒2人で毎日授業が行われているそうです。

 

③学校が率先して英語環境をつくる
上記でご紹介した通り、学校内はEnglish Onlyが徹底されています。
その他にも、携帯レンタルや銀行口座の開設も学校スタッフが手伝ってくれます。
それは全部英語で対応出来るため。先に留学をスタートしている同国籍の方のサポートだと、
特に到着直後は、どうしても母国語で話したくなってしまいます。
それを避けるためにも、学校スタッフが丁寧にサポートします。

 

そして滞在方法としてはホームステイや寮がありますが、
Brandon Collegeからはホームステイは1国籍1家、
寮の場合は同国籍でのルームシェア手配はしていません。
そのため、どの滞在方法をとっても英語を話すしかコミュニケーション方法がありません!

 

更に個人的に驚いたのが、例えば中国の生徒と、台湾の生徒は一緒に滞在できないということ。
これは、国籍が違っても、中国語で会話が出来てしまう可能性があるからだそうです。
これだけ徹底した英語環境を、学校が率先して作っています。

 

これだけ見るとかなりストイックそうですが、
もちろん困った時には日本語サポートも出来る学校なのでご安心ください!
何より、スタッフと先生が二人三脚でサポートしてくれる学校なので、
英語初心者でも安心して通学できます。

 

一般英語コースはF1ビザの必要ないパートタイムの授業から、
週25時間みっちりと勉強が出来るコースまで3種類あり、
ご自身のプランに合わせた授業数を選択できます。
アメリカでの語学留学にご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください!

 

BBI東京オフィス: 03-5410-5565 / tokyo@jt-network.com

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

posted by BBI at2017/11/18 12:33

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

こんにちは、BBI東京オフィスです。
今年も残りあと1ヶ月半程となりましたね。。
弊社では、年明けご出発の方々の準備が着々と進んでいます!

 

さて、年明けスタートの留学や、年末年始を海外で過ごすという方も多いと思いますが
皆さん、お金は現地にどのように持って行かれますか…?
先日ご紹介をさせていただきました海外旅行保険のご準備と併せて
お金の持って行き方にも注意をしたいものです。

 

そこで今日は海外へのお金の持って行き方をいくつかご紹介させて頂きます!

 

♦現金の必要性
現地通貨は持参することをおすすめします。
最近はクレジットカードでお支払いが出来ることが多いので、
全部カードで済ませることを検討されている方もいらっしゃいます。

 

ただ、特に田舎の方に行かれる方は、
クレジットカードに対応していないお店があることもたまにあります。
また、現地到着後緊急で電話をかける必要があった際など、携帯電話をまだ購入していなくても
現地通貨があれば、公衆電話からすぐに対応が可能です。

そのため日本出発前に、期間にもよりますが2~3万円分程度は
現地通貨をご準備されることをおすすめいたします。

 

♦クレジットカード
多くの都市はカード社会なので、クレジットカードの利用は大変便利です。
また、カード表面のお名前がローマ字で記載されているものは
個人証明として使えることもあります。
そのため、クレジットカードは少なくとも1枚、出来れば2~3枚は持参された方が良いと思います。

 

ただ、ここで注意が必要なのがカード会社です。
国際的に有名なVisa/Master Cardであれば安心ですが
日本の場合は、JCBのカードをお持ちの方も多いと思います。

 

JCBのクレジットカードも国際ブランドではあるのですが、
上記のVisa/Masterに比べると、残念ながらまだ認知度は高くなく
都市部であっても使用できないお店があります。

クレジットカード

↑使用可能カードの案内がレジの近くやお店の入り口にあります。

 

そのため、特に有名な観光地以外に行かれる方は
Visa/Master Cardを持って行かれることをおすすめします。
また、クレジットカードがあると、現地のATMの利用も可能です!(手数料がかかります)

 

♦キャッシュパスポート
キャッシュパスポートは、海外専用のプリペイドカードです。
日本で予めカードに入金ができ、また現地でお金が足りなくなった際も
日本のご家族から入金してもらうことも可能なので、長期で留学される方にもおすすめです。

 

もちろん、現地のATMにて現金を引き出したり
Master cardの加盟店でキャッシュレスで買い物やお食事を楽しめます。
クレジットカードのように、決まった日にちに引き落としではなく、
使った直後に引き落としがされるので、使いすぎも防げます。

 

スペアカードも発行されるので、万が一紛失したり、盗難にあった際にも安心です。
※専用銀行口座を使うので、ワーキングホリデーのお給料などをその口座に振り込み
残高に反映させることは出来ません。

 

♦日本円
忘れがちですが、日本帰国後のことも考えて日本円も持参しましょう。
また、BBIの日本語教師海外派遣プログラムに参加予定の方は、
日本円を見せることによって文化紹介が出来ます。
絵が透けて見えたり、コインの真ん中に穴が開いていたりと、
興味を持つ生徒も多くいますので、教材としても利用出来ます!

 

以上ご参考になると幸いです。
また海外でスリや置き引き等の被害に遭う方が残念ながら多くいらっしゃいます。
お財布を上着やズボンのポケットに入れたり、
チャックがあけっ放しになっているカバン(外からお財布が丸見えの状況)は、大変危険です。

必ずカバンの下の方にお財布を入れ、肌身離さず持ち歩くように
そして日本とは異なる環境にいることを忘れずに、楽しい時間をお過ごしください!

 
2018年の留学お問い合わせが増えています!何かご不明点がある方は
BBI東京オフィス: 03-5410-5565 / tokyo@jt-network.com  までお問い合わせください。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

posted by BBI at2017/11/14 4:40


ページTOPへ

Copyright © 2009 Big Bridge International Pty Ltd. All Rights Reserved.